珍盤すくい〜ず
TOP > コラム > 珍盤すくい〜ず


珍盤すくい〜ず


ここでは私のSQUEEZEコレクションの中から厳選した一風変わったレコードやアイテムをご紹介します。
ちょっとヘンなジャケットやデザイン、また個性的過ぎるレコードといった珍盤を全くの私の独断と偏見でチョイスしてお届けします。

なお、ここでいう珍盤とはレアという意味ではなく、あくまでデザイン的に「ヘンな、おかしい」という意味です。

このコーナーは随時アイテムを追加していきます。追加した際にはトップページの「What's new」でお知らせします

解説のあとについている「珍盤レベル」は、そのアイテムの珍盤度合いを私の独断で5段階で評価したものです。
( 軽い珍盤 ★ − ★★★★★ 重度の珍盤 )

また、解説では当該アイテムに対して相当なツッコミを入れている部分がありますが、これもレコードたちへの私なりの愛情だとご理解いただければ幸いです(笑)



SWEETS FROM A STRANGER 韓国盤

このレコードは、私が持っているSQUEEZEアイテムの中でも屈指の怪しいブツだ。

SQUEEZEのアルバムをよく知らない人でも、このレコードの怪しさは分かると思う。
明らかにコピーされたジャケだからね。
版権があるわけではないので、ジャケだけでなく音源もコピーか。

しかし、このコピー元のジャケはアメリカのプロモ盤なんだけど、これに付いているフリップごとコピーしているのもいい度胸ではないか。
どうせコピーするなら、せめてUKオリジナル盤をコピーせよ、というのはおかしいだろうか?(いや、おかしいだろう)
まぁ、UKポップといえどもこれはおそらく在韓アメリカ軍を対象にしたものだから、レコードの仕入先も必然的にアメリカということになるのだろう。
うん、納得(…納得していいのか!?)。

レコード盤自体も見た目からして、かなりの怪しさだ。
曲タイトルの誤字があるわ、ビニール盤のプレスが雑だわ、もちろん音質も悪い。

ちなみに、この盤は通常のレコードに比べて多少厚みがある。
今はターンテーブルでの安定性を狙い、音質向上を図った「重量盤」というレコードがあるが、このレコードがそれを想定して作られたことは、全く、絶対、到底ない(笑)

アヤシイ、誤字あり、音質悪し・・・と3拍子そろった典型的な海賊盤である。
でも、珍盤としては最高峰のレベルだろう。


珍盤レベル ★★★★★



ANOTHER NAIL IN MY HEART イギリス盤

これは、写真をみるだけで私が何を言いたいか分かっていただけると思う。

なんじゃこりゃ??色がムラになっとるやんけ!ちゃんとまぜんかーい(笑)
これにつきます(笑)

SQUEEZEだけじゃないかもしれないけど、カラービニール盤、特にクリアーレコードにおいては、たまにこのような濁ったような仕上がりになっていることがある。
でも、この「ANOTHER NAIL〜」みたいなものはあまりお目にかからない。…いや、このコラムにネタを提供してくれたという意味ではおいしい仕上がりなんだけどね。

しかし、よくかき混ぜずにこんな中途半端な仕上がりのままレコードにしちゃうなんて、まるでミルクを入れたにもかかわらずちゃんとかき混ぜずに飲むコーヒーみたいなものだ。
えっ?ミルクを入れたものの、気が変わってやっぱりブラックがよくなったって?SQUEEZE聴きながら飲むなら、やっぱりBlack Coffeだよねって?しかもベッドの上で?う〜ん、気持ちは分かるけど分からない(爆)
蛇足だけど…、なるほど!そういう理由で「BLACK COFFEE IN BED」のシングルは通常の"Black"盤のみでカラーレコードはないんだね。ん〜、いよいよ混沌としてきた…。

というわけで、今回の教訓は「飲むなら入れるな、入れるなら混ぜろ」ということ。
…ますます取りとめのない文章になってしまいましたが、あとは貴方の手でよくかき混ぜて読みやすくしてやってください(笑)

なお、この写真はドイツ在住のスク友から提供していただいた。彼も相当なクレイジーだ!(褒め言葉ですよ)


珍盤レベル ★★★★



TEMPTED スペイン盤

このスペイン語のタイトル「TENTADO」がヘンだ…というわけでは決してない。
これはれっきとしたスペイン語だ。このレコードを珍盤と言わしめるのは、そんなところではない。
一見、何の変哲もないジャケット。実はこのジャケットが珍盤たる所以だ。

まず、写真に写っているメンバーが決定的に間違っている。ファンの方ならよく分かっていることだ。しかし、ここではあえて言おう。この名曲を歌っているオリジナルメンバーは誰だ??
あのソウルフルでエモーショナルなヴォーカルを取っているのは、後ろに写っているグラサンのお兄さんではないはずだ。もっとも、彼も後年、この曲をカバーすることになるんだけど…
えっ?それを見越してのジャケットチョイス?先見の明、ありあり?いや、そんなことはないだろう。はっきりいってしまえば、スペインのA&Mレコードのスタッフがいい加減だったのだ。

だいたいがSQUEEZEのスペイン盤においては、本国UK盤とはまるっきり違う独自デザインのジャケを作ってきた。
しかし、「TAKE ME I'M YOURS」や「ANOTHER NAIL IN MY HEART」ではUK盤とは違う奇抜なデザインに仕上げたかと思えば、本国では「ジャケに問題あり」として店頭から回収された「LABELLED WITH LOVE」は、なぜかUK盤のジャケデザインをそのまま借用!WHY?(笑)。ここまでくると、イギリスにケンカを売っているとしか思えない。まさか、かつてスペインの無敵艦隊がイギリスに打ちのめされたことへのささやかな報復か?
う〜ん、まあ、それもありか(笑)

あと、一見、何の変哲もない…とは書いたものの、よくみるとちょっと違和感があるといえばある。グレンの着ているスーツがグラムロックしている。これではまるでロクシーミュージックの一員だ(笑)


珍盤レベル ★★★


inserted by FC2 system